Menu
ホーム > 保育の理念・基本方針

保育の理念・基本方針

たんぽぽ保育所の保育の理念・基本方針

保育の理念

たんぽぽ保育所は、東京都認証保育所事業実施要綱に基づき、かつ児童福祉法にそって乳幼児の保育を行うが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福のために日夜、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を積極的に増進し、あわせて地域における家族援助を行う。

なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向上のため知識の修得と技術の向上に努める。また、家族援助のために常に社会性と良識に磨きをかけ相互に啓発するものである。

保育の基本方針

保育方針は、「保育所保育指針」に依拠して、職員が保育に臨む基本的姿勢にあっては、子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義とする。また、常に児童の最善の幸福を願うために保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあれば平易に説明をして、よりよい保育のために努力研鑽することを基本とする。

  1. 子どもの健康と安全を基本にして保護者の協力の下に家庭養育の補完を行う。
  2. 子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。
  3. 豊かな人間性をもった子どもを育成する。
  4. 乳幼児などの保育に関する要望や意見、相談に際しては、解りやすい用語で説明して、公的施設としての社会的責任を果たす。

たんぽぽ保育所 保育目標

保育園の目標

  1. だれとでも仲良く遊べる子どもに!
  2. 自立の心を育て、どんなことにも負けない、たくましい子どもに!

みんなでめざそう

  1. 『ありがとう』と感謝のことばを言える子どもになろう
  2. 『ごめんなさい』と素直にあやまれる子どもになろう
  3. 『いっしょにね』と協調のできる子どもになろう

保育目標

元気な子ども

身辺処理のできる子ども

仲のよい子ども

考える子ども

生きる力を持った子ども