Menu
ホーム > 地域情報

地域情報

予防接種はお済みですか?

詳しい予防接種の内容については下記PDFをご覧ください。

感染病を患ったときの登園許可証について

保護者の皆様へ

乳幼児が集団で生活する認可保育園・認証保育所・認定保育室・家庭福祉員宅などの保育施設においては、感染症が流行しやすく、また、抵抗力も免疫力も低い乳幼児が感染症にり患した場合は、生命の危険につながる恐れがあります。これを予防するためには、医師から「登園許可」を得ることが大切であり、そのためには、「登園許可証」の提出が重要となります。現在、学校保健法に定められた伝染病にり患したあとの「登園許可」については、

  1. 医師の記載した許可証の提出
  2. 保護者が医師の許可が出たことを記載した許可証の提出
  3. 口頭で許可を伝える

など、それぞれの保育施設ごとに対応が異なっております。

これは、「登園許可証」の記載には費用がかかるため、保護者の負担を考慮したことが原因となっております。

この度、足立区医師会の協力を得て、「登校・登園許可証」の様式(別紙様式)を統一し、許可証にかかる文書料を無料にすることになりました。

注意点

  1. 別紙許可証は、足立区医師会会員の医療機関で使用可能です。
  2. 許可証の用紙は、各保育施設で受け取り、保護者が医療機関に持参してください。
  3. 実施開始は、平成21年1月1日からとなります。
平成21年1月20日
足立区子ども家庭部保育課
たんぽぽ保育所グループ

登校・登園許可証について

足立区医師会
足立区教育委員会
足立区子ども家庭部

保護者各位

人から人にうつる伝染病は学校(園)生活において注意が必要です。学校保健法及び学校保健法施行規則に伝染病の種類やその出席停止期間の基準が定められています。

下記の表に沿って医師の診断と登校・登園許可を得てください。

1、医師が記入した登校・登園許可証が必要な感染症

病名 登校・登園停止期間
麻疹(はしか) 解熱後、3日を経過するまで
風疹(三日はしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう)・帯状疱疹(※1) すべての発疹がかさぶたになるまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺の腫れが消失するまで
インフルエンザ 解熱後、2日を経過するまで(※2)
百日咳 特有の咳が消失するまで
結核 感染の恐れがなくなるまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主症状が消失した後2日を経過するまで
流行性角結膜炎(はやり目) 感染力が極めて強いので医師の判断がでるまで
急性出血性結膜炎 医師の判断がでるまで
腸管出血性感染症(O-157) 感染力が極めて強いので医師の判断がでるまで

※1 第2種伝染病の対象ではない。

※2 抗インフルエンザ薬を投与した場合、解熱後3日を経過するまで。

2、医師の登校・登園許可がでた上で保護者が記入した許可証が必要な感染症

病名 登校・登園停止期間
手足口病 症状が改善し全身状態が良好
溶連菌感染症 治療開始後24時間経過し、全身状態が良好
伝染性紅斑(りんご病) 全身状態が良好
感染性胃腸炎 医師の診断がでるまで
ヘルパンギーナ(夏風邪) 全身状態が良好
マイコプラズマ肺炎 症状が改善し全身状態が良好
RS感染症 症状が改善し全身状態が良好

3、どちらも必要がない感染症(ただし医師の判断を受けてから登校・登園してください)

病名 登校・登園停止期間
伝染性膿痂疹(とびひ) ガーゼなど通気性のよいもので覆うことが望ましい
伝染性軟属腫(水いぼ)  
頭じらみ 医師の診断を受け、スミスリンシャンプー・パウダー等で駆除する
※突発性発疹・不明発疹症・川崎病については全身状態が良好であれば登校・登園は可能ですが、医師の診断を受けてから登校・登園してください。

足立区の情報配信サービス『A-メール』

保護者の皆様へ

足立区では、区政情報や子どもの安心情報など、足立区についての様々な情報を、あらかじめ登録された携帯電話.パソコンのメールアドレスに送る「A-メール」のサービスがあります。

主な配信内容

注目情報

足立区ホームページに掲載している注目情報をメールでお届けします。

災害情報

災害に関する情報をお届けします。

防犯・防火情報

警察署・消防署などから提供された情報をもとに、区内で起こった犯罪の情報や悪質商法被害の情報などを配信します。

子どもの安心情報

上記以外の配信内容もございますので、保護者の方々には足立区の「A-メール」を活用していただければと思います。

「A-メール」登録はこちらから